先日行われました、丸喜齋藤組で第一号となる風力タービンの建て方工事の様子をご紹介したいと思います。

容量が19.5kWという小型の風力発電です。

まずは、基礎工事です。支柱の土台の部分をコンクリートの基礎によってしっかりと固定します。

支柱は、3本のパーツに分かれていますので、それを地上で組み立てていきます。合計すると20mの高さになる支柱です。

一番下の支柱を吊り上げて、土台に取り付けます。

後で支柱を起こすための油圧シリンダーも固定します。

支柱の中間と上部を組み立てます。

20mの長さの支柱がつながりました。

いよいよ、風力タービンの心臓部ナセルを取り付けます。

支柱の先端にうつ伏せに取り付けます。

そこに3本のブレード(羽根)をボルトでしっかり固定します。

3本のブレードが取り付けられました。回転直径が13mあります。

油圧シリンダーで支柱を持ち上げたら完成です。

現在、日本の固定価格買取制度の低圧(20kw未満)風力発電の買取価格は、キロワットあたり55円です。

このタービンは、年平均風速5m/sで年間発電量が41,064kwとなっています。ですので仮に平均風速5m/sの風が吹くところであれば、年間約226万円の売電収入が期待できます。(来年の4月以降の買取価格は引き下げられる方向で検討されています。)

風力発電は、当然ながら風量によって発電量が大きく変わってきます。たった風速1m/sの違いが発電量を大きく左右しますので、風力発電の土地選びは慎重に行う必要があります。