風力発電や太陽光発電で未来に価値をつくる
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • C&F

タグ : C&F

小形風力発電の最高発電量から考える

これまでの話で、日本の風力発電の冬の発電量が期待できることがお分かりいただけたと思います。 弊社では、これまで約20基の小型風力発電の施工をし、全てをモニタリングしています。その中でこの冬一番発電していたのが、青森県某所 …

どれくらい出る?小形風力の冬の売電実績

小形風力発電が、日本では夏はあまり発電しないのは、よく話にでますが、一方で冬はどれくらい発電するのでしょうか?風況の良いところでは、実際にはどれくらいの発電量が見込めそうか実測値をもとに考えてみます。 以下の画面は、日本 …

風力発電モニタリングの現状を教えます

太陽光発電の場合は、様々な監視システムや監視カメラがあったり、心配な人は家の近くでしか発電事業を行わないなど、対策がわかりやすいですが、風力発電の監視システムはどのようになっているのでしょうか? 他のメーカーについては、 …

台風一過で発電量期待できる!?

こんにちわ。 今年は、台風21号と台風22号と大型台風が続き、雨の日が多かったので、台風の通過点となった太陽光発電所の今月の発電量は、去年に比べて少なかったのではないでしょうか? そんな台風が過ぎて、関東は久しぶりの快晴 …

C&F小形風力発電の支えとなるタワーは日本製!

C&Fの小形風車といえば、アイルランド製なのですが、それを支えるタワーは、実は日本製なのです。 今回の小形風力発電の現場は、青森県つがる市。近くには、秋田犬のわさおくんが住んでいる日本海岸沿いに位置します。 この …

まだあまり知られていない小形風力発電の発電実測値

お待たせしました。 小形風力発電(19.5kw)の今年連系した風力発電所の発電実測値をご報告します。 今回は、青森県の某所で今年施工しました小形風力発電所の発電量です。 19.5kwの発電機が2基隣り合って立っています。 …

風力発電タービンの建て方工事

先日行われました、丸喜齋藤組で第一号となる風力タービンの建て方工事の様子をご紹介したいと思います。 容量が19.5kWという小型の風力発電です。 まずは、基礎工事です。支柱の土台の部分をコンクリートの基礎によってしっかり …

PAGETOP
Copyright © 風と光とマルキエナジー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.