2018年、明けましておめでとうございます。

これから風力発電を始める人にとって年間の発電量データは、気になるところだと思います。

実は当社でも丸一年間通しての発電量の実態は、掴めていません。

しかし、2017年2月に連系した風力発電Aをはじめ、他にも最近連系した風力発電の発電実績により、その関係が分かってきましたのでご報告します。

まずは、風力発電Aの年間グラフをご覧ください。

以上は、2017年の月ごとの発電量のグラフです。全体的にに風速が高く、発電量が多く、に風速が低くと発電量が少ないのが分かります。

この場所の平均風速は、4.2m/s。年間の発電量は、約35,000kwhでした。売電金額にして、およそ200万円です。ほぼ、メーカーが示す平均風速と発電量のグラフ通りであったと思います。

このグラフで見ますと、やはり風力発電の理想は平均風速6m/s以上の場所であると分かりますね。

 

他の場所も見てみましょう。2017年9月に連系した風力発電Bです。

この風力発電Bは、2017年11月の発電量は、8193kwhでした。

12月は、もっと発電すると予測しておりましたが、結果の発電量は若干少なくなりました。7,975kwhでした。

果たして、11月平均風速5.24m/sよりも12月平均風速7.78m/sのほうが強い風なのに何故でしょうか?それは、発電量は回転数RPMによるからです。確かに回転数RPMを11月と12月で比較すると若干少なくなっています。その違いが発電量に現れています。では、何故12月は平均風速が高いのに回転数が落ちているのかといいますと、極端に風が強い日には、強風モードになり回転数を抑えるからなんですね。これは、システムが安全に機能していることを示しています。ですので、風速が強ければ強いほど発電するとは言えないのですね。

強風モードについてはこちら

台風でも大丈夫!?風力発電の強風対策のしくみ

それがひとつのポイントです。冬の月間発電量の限界が8,000kwhくらいということ。それでも、月間発電量8,000kwh程度あれば、月売電金額は、47万円程度。事業としては十分だと思います。

 

さて、ついでにもう一箇所2017年11月に連系したばかりの風力発電Cも見てみましょう。

12月の発電量にだけ見てみますと合計発電量は、8,299kwh。平均風速が5m/s台でも回転数RPMが70程度あれば、この程度の発電量は期待できます。

発電量の考察まとめ

風力発電Aにより、年間を通してみると、やはりに発電してもにはあまり発電しないと分かります。そして、この場所は年間平均風速4.2m/sとあまり良い条件とは言えませんでした。結果、年間発電量は35,000kwh程度でした。ちなみにこの場所の12月の発電量は、6,124kwhでした。逆算すると年間の発電量は、12月の発電量の約5.7倍です。

一方で、風力発電B風力発電Cの12月の月間発電量は8,000kwhでしたから、この値がほぼ限界発電量と考え、これらを年間発電量に換算すると45,000kwh程度の発電量が期待できるという計算になります。

もし、風力発電の土地選びで、一年間の風況調査を待てない場合は、このようにひと月の風況を調査すれば、年間発電量換算して予測する方法もあるのではないかと思います。

よくある質問風力発電Q&Aはこちら