風と光とともに生きるマルキエナジー|風力発電と太陽光発電の情報サイト

風力発電Q&A

Q.小型風力発電とはどういうものですか。

A.一般的に出力20kw未満の風車を言います。環境アセスメントの適用外であるため、設置までの期間が比較的短くてすみます。

Q.小型の風車であれば、どれでもFIT(固定価格買取制度)に対応していますか。

A.いいえ。ClassNKの小形風車型式認証を受けている機種に限ります。小形風車型式認証登録簿

Q.小型風力発電のおすすめの機種を教えてください。

A.C&Fグリーンエナジーの「 CF20JANAN 」は、19.5kwと20kw未満なのでFIT買取価格は55円(税別)ですし、スペックのバランスも良いと思います。タワーは油圧で起こしますので、メンテナンスのときに人がタワーに登らなくても、タワーを倒してメンテナンスできます。

Q.既にCF20で設備認定を取得しています。「CF20JAPAN」で認定を取り直す必要はありますか。

A.いいえ。CF20の設備認定のまま「CF20JAPAN」で設置することができます。

Q.土地の広さはどのくらい必要ですか。

A.倒してメンテナンスを行いますので、200~300坪くらいの広さがあると良いと思います。

Q.用地を探すときの注意点を教えてください。

A.もちろん、年間平均風速が大きいこと。できれば、年間平均風速6m/s以上は欲しいです。高い木が立っていると、風を逃してしまうので、障害物がないところを選んでください。それから周囲に民家がないこと。自治体によってガイドラインに定められていますので、設置予定の自治体のガイドラインをご確認ください。「100m以内に民家がないこと」としているところや「住宅等から500m以上離すこと」としているところもあります。それから売電のために電柱(送電線)が近くまで来ていることもご確認ください。

Q.建築確認申請は必要ですか。

A.いいえ。確認申請は必要ありません。ただし、基礎は、日本海事協会の承認を得る必要があります。

Q.年間のメンテナンスにかかる費用を教えてください。

A.現在では、一年間に一回。消耗品の交換も含めて30万円程度かかると思います。その他に設置から10年後くらいに一度パワコンと制御盤を交換すると300万円程度かかります。

Q.小形風力発電の損害保険は必要でしょうか。

A.火災や落雷、強風など自然災害により風力発電機が破損すると、修理コストやその間売電できたであろう喪失利益が生じます。これらに対応できる小形風力発電総合保証プランをオススメしています。

小形風力発電総合補償プラン

Q.損害保険料はいくらかかりますか。

A.自然災害が多い地域か少ない地域化によって保険料は変わります。だいたい年間15万円程度かかると思います。

Q.風力発電においてヨーロッパと日本の環境の違いは何でしょうか?

A.ヨーロッパは、偏西風など一定方向からの安定した風が得られるので、風力発電に適している場所が多いと思います。一方、日本は季節により風の強さや向きが変わるので計画は簡単ではありません。必ず実績のある会社へ設置場所などの条件を伝えて、お問い合わせいただくことをおすすめします。

Q.風力発電機は、どこで買えばよいでしょうか?

A.「CF20JAPAN」であれば、丸喜齋藤組で取扱があります。2017年5月現在の販売価格は、一基1,500万円(税別)です。

Q.風力発電機の工事は、どこで出来ますか?

A.メーカーによって、指定された技術のある会社で可能です。例えばC&F社のCF20JAPANであれば、LEVEL4のトレーニングを積んだ技術者が必要です。(LEVEL4について丸喜齋藤組なら日本で組み立てた実績があります。部品パーツの供給やメンテナンスも行えます。

お問合わせは、株式会社マルキへ TEL 03-6638-2229 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 風と光と共に生きるマルキエナジー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.