風と光とともに生きるマルキエナジー|風力発電と太陽光発電の情報サイト

住宅状況調査の内容

既存住宅状況調査(インスペクション)の内容

中古住宅の売買を目的とした既存住宅状況調査(インスペクション)を行なう内容と事象をご紹介します。

1.基礎(構造)

仕上げの種類を確認します。幅0.5mm以上のひび割れや深さ20mm以上の欠損がないかを目視で確認します。また、コンクリートの著しい劣化がないかも確認します。その他、さび汁をともなうひび割れ又は欠損はないか、白華事象はないか、鉄筋が露出してしまっているところはないか等について目視で確認します。

基礎のクラック

基礎のクラック

2.土台・床組(構造)

土台や床組に著しいひび割れ、劣化又は欠損はないか目視で確認します。

床下点検口から目視で確認

床下点検口から目視で確認

3.床(構造)

床の仕上材について著しいひび割れ、劣化又は欠損はないかについて目視で確認します。また、著しい床の沈みは目視で確認し、必要に応じて計測します。床の傾斜については、6/1,000以上の傾斜がないかについて計測して確認します。

床の傾きを確認

床の傾きを確認

4.外壁及び軒裏(構造)
外壁のクラック

外壁のクラック

5.柱及び梁(構造)
6.バルコニー(及び共用廊下)(構造)
7.内壁(構造)
内壁の傾きを確認

内壁の傾きを確認

8.天井(構造)
9.小屋組み(下屋部分を含む)

天井・小屋組などのひび割れ、欠損、浮き、はらみなどを目視可能な範囲で診断します。

天井点検口から小屋組の確認

天井点検口から小屋組の確認

10.蟻害・腐朽等(構造)
11.鉄筋探査(構造)

※一般の住宅においては、基礎に係る劣化事象があった場合に限り、オプションとして調査します。

基礎の底盤や立ち上がりについて、鉄筋があるかないか、補強筋の間隔が@300mm以内、または設計図書通りになっているかどうかの確認をします。

12.コンクリート圧縮強度(構造)

※小規模住宅(地階を含む階数が3以下で延べ面積が500㎡未満)以外の大規模住宅で鉄骨造、RC造の場合のみオプションで調査します。

・構造体コンクリートのリバウンドハンマーによる圧縮強度調査(JIS A 1155)

・構造体コンクリートのコア採取による圧縮強度調査(JIS A 1107)

13.外壁(雨水)
14.軒裏(雨水)
15.バルコニー(及び共用廊下)(雨水)
シート防水に切れ目がないか確認

シート防水に切れ目がないか確認

16.内壁(雨水)
17.天井(雨水)

天井の雨染み

18.小屋組み(雨水)
天井点検口から小屋組の確認

天井点検口から小屋組の確認

19.屋根(雨水)

屋根の腐朽やひび割れ(クラック)剥がれなどを目視可能な範囲で診断します。

屋根瓦の破損

屋根瓦の破損

20.耐震性に関する書類の確認

新耐震基準に適合しているかについて書類で確認します。

21.調査時の状況

既に実施されている修繕等の履歴があるか、調査実施時にリフォーム等の工事を行っているかなど状況を記録しておきます。

22.その他(オプション)
雨樋の破損

雨樋の破損

樋の破損などを目視で診断します。

お問合わせは、株式会社マルキへ TEL 03-6638-2229 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 風と光と共に生きるマルキエナジー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.