C&Fの小形風車といえば、アイルランド製なのですが、それを支えるタワーは、実は日本製なのです。

今回の小形風力発電の現場は、青森県つがる市。近くには、秋田犬のわさおくんが住んでいる日本海岸沿いに位置します。

このつがる市のタワー建て方の日は、雨でした。夏ということもあり風の無い日だったので、何とか工事ができました。

C&Fの小形風力発電機のタワーは、3分割されて現場に運ばれます。レッカーで吊り上げながら、一番下の部分から組立ます。この時、C&Fの場合は、寝かせながら組み立てられるのが特徴です。後で、油圧で垂直に起こす事ができるからです。

同じような要領で、二番目の部品と三番目の部品を取付けます。

ブレードは、このように3本まとめて運ばれてくるので、ナセルの後に取付けられます。

このように部品を細かく分けることによって、輸送しやすくしています。

ブレードを取付けて、油圧でタワーを起こせば完成です。

よく見るとタワーの継ぎ目が分かります。

このタワーを製造しているのが、福島県の会川鉄工株式会社さんです。

今年7月に開催されたPVjapanでも紹介されていました。会川鉄工さんは、C&F以外の風力発電のタワーも製造されている信頼できる日本のタワーメーカーです。

小形風力発電